身ひとつ

2020-07-22

役者という職業を私は尊敬している。

自分の身体と声と思考と感情と…。
その全てを総動員して役を作り上げる。
が、そこに費やす時間や感覚はひとそれぞれ。
その分量が多ければよし、というわけでもなく
何とも曖昧な正解のない世界。
しかし身ひとつで真剣に挑むひとの仕事は、
必ず受け手に届く瞬間がある。

身ひとつ。
とてつもなく、覚悟のいる事だ。

幸いにも私には琵琶といふ相棒がいる。
その事をつくづく有り難いと思う。
存在感のある相棒に見劣りしないよう、
身ひとつでこれからも挑んでいく。

何故かそんな事を思った1日だった。



Share:

Leave a Reply