明治大学での講義「琵琶と文学」

明治大学生田図書館・Gallery ZEROにて

琵琶と文学 琵琶奏者・川嶋信子の世界』展

が7月19日まで開催されています。

Galleryの入口で自分自身と記念撮影……(苦笑)。

琵琶と文学

展示内容を写真で伝えるのはなかなか難しく、

何故か上映中の演奏動画を撮影(苦笑・再)。

“シェイクスピアの台詞を琵琶に乗せてみたい。”

以前からそう思っていた。

そして、ジュリエットの台詞から生まれた曲が『名にし負はば』。

  「おぉ、ロミオ!あなたは何故ロミオなの?」 

Gallery ZEROにて絶賛上映中!! 

映像

さて、昨日はこの展示に際しての実演を含んだ講義が行われた。

波戸岡先生の速やか且つ分かりやすい進行のもと、

多くの学生が熱心に耳を傾けてくれた。

“琵琶を生まれてはじめて聴いて衝撃を受けた。”

コメントシートの多くにそう記されていた。

ほんの少し扉を開いただけなのだ。

それでも、そこに扉がある事を知らないよりはずっといい。

そう信じたい。

この展示のお蔭で

自分の在り方や今後取り組むべき事が改めて見えた気がする。

感謝。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)