学校での出前授業。

若い世代に琵琶を聴いて欲しい。

この願いは相変わらずです。

子供の時分に実際に見聞きする事がどんなに大切か、

それが未来に繋がると信じています。

私も中学生の頃、初めてミュージカルを見た体験が

少なからず今に繋がっています。

田舎町にやってきた劇団四季のコーラスライン。

ただただ圧倒されて

「これがプロなんだ」と漠然と思いました。            

さて嬉しい事に少しずつですが、

学校で演奏させていただく機会が増えてまいりました。

前橋

小学校は今までも何度か伺ってますが

先日ははじめて高校へ。

ご近隣の一般のお客様も参加しての公開授業。

前列に主役の高校生たち、そして後方に一般のお客様。

後ろの方からは熱心な眼差しが伝わってくるのですが、

前方からはなかなか温度を感じる事ができず、

思春期の手強さを痛感いたしました。

前橋2

以前大学で演奏した時には、

私が歌い出した途端笑い声が起きた事もあります。

思うに、普段見聞きしない音(声)や

生身の人間が至近距離でタタカッテいる姿への戸惑いが

無反応か笑い声というカタチになるのではないでしょうか?                  

この日はWSも取り入れ、平家物語の一節を読んでもらったり

“祇園精舎”を一緒に歌ったりしました。                          

俯いていた彼や声が聴こえなかった彼女。

私は今日の役割を全うできたのだろうか、と

不安に思いながら家路につきました。                            

後日生徒さんからの感想文が届き、

そこには嬉しい言葉がたくさん記されていました。

「 最初聴いたとき鳥肌が立ちました。祇園精舎を聴いたとき、

リズムがゆっくりで一つ一つの言葉が力強かったのが

印象的でした。琵琶の歴史を知ることができて勉強になりました。

とても面白かったです。」

「授業で音読はしていましたが、琵琶の音色と歌声が付くと

 全然印象が違いました。その場の情景がまぶたの裏に

 浮かんでくるような勢い、力強さ、そして繊細さで、

 感動しました。」

「1番最初の祇園精舎を聴いたとき、

 すごくカッコいいと思いました。

“壇ノ浦”は初めて聴いたのですが、音の強弱から場面の描写が

 浮かんできてとても面白いと思いました。

 もともと和楽器の落ち着いた音が好きなので、最後の“紅葉”が

 とても綺麗な音で幸せな空間でした。」

  ※一番最後に童謡の「紅葉」を琵琶で弾き、皆んなで歌いました。

あぁ、そうか。

目には見えないけれど

彼らの中で確実に何かが起こっていたのだなぁ。                        

やはり、まだまだ修行が足りません。

場をつかんで、いつもと変わらない音をそこに持っていく事。

改めて、肝に銘じるのでした。

来月は大学での授業が控えています。

肝に銘じて…。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)