勧進帳。そして弁慶泣く泣く義経を打つ……。

なかなか石橋蓮司さんの富樫に救われたけど、やはり今日も効果音満載。
大げさな音楽はかえって場をしらけさせると思うのだが。
いかにも、って感じになるし。
毎週同じ。もっと丁寧に描くべき。
弁慶の心の揺れとか、義経の主従を思う気持ちとか。
何だか駆け足でダイジェスト版見てるみたい。
もっとも今まで義経と主従達の心の交流を丁寧に作ってないのだから仕方ないのか。
残念ながら彼らに強い信頼関係は見えない。
ずーっと期待していたのにもうあと2回。

義経、かっこいいのは認めるけどもっと素直でよかったんじゃないかなぁ。
”義経”っていうイメージを守りすぎた気がする。
もっと生きてる人間でいいのになぁ。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)