先月の参加者は詩吟の先生でした。

「まなびわ」には何もかも初めて、という方や

その道のプロ、という方まで

さまざまな方が参加して下さいます。

先月のまなびわには

詩吟の先生が生徒さんを連れて参加して下さいました。

元々琵琶にご興味があったようで、

5月に取手で行われた私の演奏会に来て下さったのが初対面。

その際に「お教室に行きます!」と宣言されて

翌月のまなびわに来て下さったのです。

この先生は詩吟の全国大会で優勝されレコードも出した経歴の持ち主でした。

実は琵琶と詩吟、深い関係がございまして…。

琵琶歌の歌詞には和歌や漢詩が出てくる事が多々あり、

その漢詩の部分を独立させて唄うのが吟詠なのです。

という事で詩吟と琵琶を並行して習う方もたくさんいます。

とは云え、現代の琵琶歌は聴く側に合わせて

短縮を余儀なくされます。

(漢詩などが入ると長くなってしまうのです、はい。)

なので、かく云う私も詩吟に関しては不勉強ではありますが

敢えて「西郷隆盛」を演奏し、詩吟部分を聴いていただきました。

「いつもこの高さなのですか?」

先生にとっては私の歌はかなり低音だったようで、

琵琶の調弦の説明をさせていただきました。

そして

今度は詩吟についてご教授下さい、と

お願いをしました。

種目によって発声方法や好まれる声の質が異なるのが日本の芸能。

深い、深~いその世界に足を踏み入れた者として

学ぶ事はたくさんあります。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)