今日の言葉

2020-07-25

「人のゆく裏に道あり花の山」

すぐに取り出せる本の中に小沢昭一。
ページをめくって出て来た言葉がこれ。

日本の音を身に付けたい、と思った時
選んだのが何故か琵琶だった。
三味線など他の和楽器に比べて、
あまり人がやらないようなもの。
明らかに、ひねくれ者根性が半分ぐらい働いての事。

はじめてみたら
常に裏道を歩いてるような、そんな感覚。
でもこれが性に合っていた。

きっとこの道は花の山へと繋がっている。
琵琶を手にしながら、今日もそう思う。

Share:

There is one comment on 今日の言葉

  • 私は川嶋さんをよく知らず何年かお付き合いする中で、非常に気付くのが遅かったのです。
    以前川嶋さんが取り上げたことがあるような記憶があり、先日映画の田園に死すを見ました。
    去年ご一緒した常陸坊海尊の舞台、おんにょろ盛衰記も、
    表道という感じではなかった。だから琵琶をお持ちになったんですね。
    ターシャテューダ楽しみにしています。

Leave a Reply

投稿日: 2020年7月25日 @ 1:57 am