今日の言葉

2020-07-25

「人のゆく裏に道あり花の山」

すぐに取り出せる本の中に小沢昭一。
ページをめくって出て来た言葉がこれ。

日本の音を身に付けたい、と思った時
選んだのが何故か琵琶だった。
三味線など他の和楽器に比べて、
あまり人がやらないようなもの。
明らかに、ひねくれ者根性が半分ぐらい働いての事。

はじめてみたら
常に裏道を歩いてるような、そんな感覚。
でもこれが性に合っていた。

きっとこの道は花の山へと繋がっている。
琵琶を手にしながら、今日もそう思う。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)