つづける

休日のお昼ごはんは面倒だ。何も思い付かなくて、出掛けたついでにお持ち帰りできる品を探す。わざわざコンビニやスーパーの世話にはなりたくない。しかし、今日は日曜日。この界隈の店は悉く閉まっているのだ。そして、閃いた!「そうだ、おいなりさんを食べよう。」

菊坂下の“ゑちごや”は創業明治10年の甘味処。お団子や草餅などの和菓子と海苔巻やお赤飯も売っている。午後になると売り切れている事もあるが、今日はまだ目的のおいなりさんがあった!!程よい甘辛さで優しい味のおいなりさんは私のお気に入りだ。そして何よりも、変わらぬ笑顔で対応してくれるご主人にいつも元気をもらう。聞けば、3代目のご主人は傘寿を過ぎているそうだ。このお店に立ち続ける日々。その営みは神々しい。

今日は月に一度の“まなびわ”の日。気が付けばもうすぐ10年。震災の年に“出来ることをやるしかない”と始めたのだった。出産の時期にはお休みしたが、1月と8月以外は基本的に開けている。長くやっていれば、誰も来ない時もある。が、“いつも琵琶に親しめる場”をこれからも実践し続けたいと思っている。

つづける。限りなくシンプルな目標である。

追記 今回のまなびわはご夫婦での参加でした!

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)