この仕事がどうか~取れますように~♪

東京への憧れが募っていた中学時代。

2度目の転校で広島で過ごしていた私は学校に馴染めず、

いろんな現実逃避を試みていた。  

野球選手(ジャイアンツ)の追っかけ、

声優さんのラジオのリスナー。 

そして演劇。

演劇部に所属していた娘を母親が劇場に連れて行ってくれた。

それが劇団四季の「コーラスライン」。

今でも客席で受けた衝撃や

興奮しながら帰った道のりの風景を覚えている。

それぐらい大きかった、プロの世界。

ちょうど映画のコーラスラインも公開された時期で、

ミュージカル好きになったきっかけの作品。 

厳しいプロの世界。

だけど、叶える事ができたならそこに行きたい。

劇場という世界に。

コーラスラインのナンバーを口ずさみながら、

そう願っての上京だった。 

その昔から

地方にも本物の作品を届けてくれた劇団四季の存在は大きい。

訃報に触れて、改めてその偉大さを思うのだった。

Share:

Leave a Reply