おくの細道

琵琶と書と

2020-07-16

おくの細道は云わずと知れた松尾芭蕉の紀行文。

その”月日は百代の過客にして 行きかふ年も又旅人也”で始まる序文を琵琶歌にしました。
こんな期間だからこそ楽しい企みを、と思っています。

公開まで今しばらくお待ち下さいね!

実はHPをリニューアルしたのですが、まだ勝手が分かりません(汗)。
いろいろと直しながら公開してますので、暖かく見守って下さると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)