うちにいる琵琶。薩摩さんと筑前さん。

琵琶という楽器について


 *写真上が筑前琵琶、下が薩摩琵琶。
琵琶は西アジアが起源とされています。
アラブ圏のウードやヨーロッパのリュートとは親類関係にあります。
そういえばヨーロッパにもその昔、リュートを弾きながら語る吟遊詩人が
いたと云われていますから、やはり日本の琵琶法師につながると思います。


日本への直接的な導入のきっかけは中国や朝鮮の琵琶(あちらではピパと発音します)です。
そのピパが日本人の文化価値、音楽理念などによって日本の琵琶になったのだろうと思われます。


日本の琵琶にもいくつか種類があって成り立ちがそれぞれ違います。
一番古いのは楽琵琶と盲僧琵琶。楽琵琶は7~8世紀頃伝えられ、雅楽の管弦と
いう合奏音楽に使われます。雅楽の中では笙(東儀秀樹さんが吹いてる楽器)や篳篥が目立ちますが
ちゃんと琵琶もいるんです。
盲僧琵琶は8世紀以来の宗教的声楽です。盲人のお坊さんが琵琶を片手にお経を唱えるというもので、現在は九州地方にわずかな伝承者がいるだけですしほとんどが目の見える方です。
平家琵琶は琵琶法師が平家物語を弾き語りするもので、室町時代以降広く庶民に親しまれました。
多い時には都に数百人の琵琶法師がいたといわれている。当時の人々の娯楽の一種だったのでしょう。


そして薩摩琵琶,筑前琵琶です。
16世紀頃、薩摩藩の島津忠良が武士の士気を鼓舞するために琵琶を使って教訓歌を歌わせたのがはじまりとされる薩摩琵琶。成り立ちからも察するように、激しく男性的な奏法が特徴。
筑前琵琶は明治時代に生まれ、三味線音楽の影響を示す様式を持ち薩摩琵琶に比べると旋律が豊か
で女性的といわれています。


楽器自体も筑前琵琶の方が薩摩琵琶より小ぶりです。(撥も)
楽器の素材も違うので音色も異なります。


私がやっているのは薩摩琵琶ですが、いただいた筑前琵琶を試してみるとこれはこれでいい音色。
曲によって薩摩と筑前を使い分けるなんてことができたらなぁ、と思う今日この頃です。

Share:

Leave a Reply