ある夏の夜、琵琶と講談が出会った~。

講談師・宝井一凜さんとの企画

「bi-dan」(琵琶と講談)。

遡れば、初演は2009年。

「コノフタリ ムカウトコロ   コトバアリ。」

こーんなカッコいいチラシと謳い文句で、

牡丹灯籠の舞台である谷中から始まった。

その後何度か続けているが

個人個人の活動もあるため、

結局は会う度にそれなりのご無沙汰になってしまう。

この夏も一昨年ぶりかな?

夏と云えば、やはりこれ、「牡丹灯籠」。

今回で演じるのは5回目ぐらい。

でも、その度に気になる部分を洗い直すため、毎回新しい。

そして、それぞれの芸も姿も深みを増す!!(と信じたい…)

(ちなみに初演はこんな感じ。)

実は

この組み合わせ、この試み

ありそでないんですよ。

牡丹灯籠では幽霊・お露の心情を琵琶が唄い、

講談は語りと他の登場人物を担当。

これが、いい塩梅なんです。

でもね、[琵琶って何?] 

という状況がある以上、ありそでないなんて誰にも分からない。

そして目の前のお客様に届けるために演じても、

一晩で受け取ってもらえる数はほんのわずか。

そーんな事を思っていたら

大海の一滴 (本日の日めくりカレンダーより)

という言葉が飛び込んできた。

呑みこまれない、確かな一滴に。      

成る。

怪談・牡丹灯籠~お札はがし~
Share:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)